2006年09月05日

三池崇史「妖怪大戦争」

尊敬する二大巨匠「水木しげる」と「三池崇史」がコラボしたってことですげえ期待して観たんだけど、あまりにアホすぎてズッコケた。「アンドロメディア」系のファミリー三池作品だね。

敵の怪物がターミネーターに出てきそうな凶悪なCG造形だったにもかかわらず、子ども向けってことで流血なしの平和な仕上がりに。「殺し屋1」ばりにエログロ全開な妖怪バトルも観たかったなあ。「大戦争」ってタイトルだけど、実際に戦ってたのは神木くんと河童の阿部サダヲのみで、あとの妖怪たちはみんなお祭り騒ぎしてただけ(笑)。まあこの温度差は逆におもしろかったけど、「鬼太郎」みたくもうちょい戦ってくれても。。。

大好きな妖怪「ぬりかべ」が出てきて、しかも近藤正臣に「おまえみたいな壁でも役に立つ時が来るかもしれん」みたいなこと言われてたから、「おっ!ぬりかべ活躍する伏線か?」って思ってたのに、全然出てこねえよ!ただの壁だったよ!竹中直人の「あぶらすまし」は完璧にハマってた。栗山千明はこのままキワモノ路線を突っ走ってほしいなあ。

ラストシーンには水木先生も「大箱」役で出演してて、「戦争はいけません。腹が減るだけ」っていうお言葉を残し消えていかれたのには若干テンションが上がったものの、いかんせんターゲットが子ども向けなもんで、全体として少しもの足りなかったかな。

posted by ワイ氏 at 14:47| Comment(21) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライフアクアティック

「ロイヤルテネンバウムズ」が気に入ったんでこれも観たんだけど、すごい。めちゃめちゃ傑作。突然始まる銃撃戦シーンとか淡々とした別れのシーンとか最高。よい映画だった。「あまりに奇妙なんだけど、なんか洗練されてる」っていう世界観は今作でもしっかり受け継がれてる。恐るべしウェス・アンダーソン。映画監督にしちゃあちょっとイケメン過ぎなのがアレだけど、天才タイプの人ですよ。とにかくまあいろんなところにこだわるオタク監督で、観ていて気持ちいい。船の断面図のセットとか、架空の海洋生物たちとか、イルカの偵察隊とか、いろいろ感動した。「映画づくり」を心から愛してるし、同時に映画の神にも愛されてるって感じがする。キャストでは、やはり怪優ビルマーレイの存在がでかいんだけど、ウイレムデフォー(スパイダーマンの敵役ね)やアンジェリカヒューストンとか、とにかく濃い面々がそろってる。こいつらを一同に集められるのも、監督の人柄あってのもんなんかもなあ。

posted by ワイ氏 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。