2005年08月04日

竹中直人「無能の人」

俳優が映画監督としてデビューする、よくみられることだが、傑作は少ないように思う。
そんな中で、コンスタントに佳作を産み出している監督がいる。竹中直人である。

つげ義春原作「無能の人」が処女作。個人的には竹中作品の中でいちばん好き。
かつて漫画家として名を売った男、助川助三(竹中直人)は、妻と子を持ちながら、定職に就こうとせず、楽をして金儲けができないかを常に考えるような「無能の人」。多摩川の河原で拾った石を多摩川の河原で売る生活を送っている。無能な夫にあきれながらも、小さい子供を育てるためにスーパーのビラ配りをしている妻(風吹ジュン)。そんな家族の貧しい生活を、ユーモアを交えあたたかく描いた作品だ。

竹中映画で特筆すべきは、秀逸なキャスティング。「無能の人」では、ヒロインの風吹ジュンをはじめ、脇役のマルセ太郎、神戸浩、子役の少年が素晴らしく、つげワールドを忠実に表現している。

竹中が、監督として自由にのびのびやっているのが伝わってくる。それまでの役者としてのキャリアが、スタッフとのコミュニケーションを円滑にさせたのだろうか。しきりに役者の後姿をとらえるところなどは、「映画小僧・竹中直人」の好みが如実にでていて素敵だ。さらにゴンチチの癒しの音楽も「切なあたたかさ」を添えてくれる。家族三人が手をつないで河原を歩くラストシーンでは、誰もがほっこりとなるはず。

私にとってこの映画は、常に手元においておきたくなるような、そしてこころにゆとりがあるときにゆっくり見たいような愛すべき作品である。




近く、新作「さよならCOLOR」が公開される。ヒロインは原田知世。観たい。

参考文献

「フィルムメーカーズ 竹中直人」キネマ旬報社
posted by ワイ氏 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

祝!許可写真
Excerpt: 初めてのご本人様承諾の写真です! 敬意を祓っての星5つ この写真のモデルの男性(仮)Kさんについてご紹介しますね! Kさん・・(都内在住・38歳・既婚(子供2人)・インテリアデザイン会社経営..
Weblog: はげ ウオッチング
Tracked: 2005-08-04 12:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。