2005年08月12日

石井輝男を悼む

2005年8月12日、日本映画界の巨星が落ちた。石井輝男。享年81歳。奇しくも、亡くなる6時間前に「恐怖奇形人間」の記事を載せたところだった。まだまだ撮ってほしかった、ホントに。日本カルト界に与えた衝撃は大きい。

「網走番外地」をはじめとした黄金時代作品から、「ねじ式」など後期のカルト傑作まで、作品の多様ぶりにあらためて驚く。遺作は「盲獣vs一寸法師」になるのだろうか。スタッフがほぼ素人、かつデジタルビデオ作品ながら、秀逸なカット割りを駆使し、独特の世界観へぐいぐい引き込んできたのはさすがだった。


80歳を越えてもなお、貪欲に映画に取り組むさまは、彼を敬愛するサブカル少年少女のみならず、現代に生きる映画作家たちすべてにエネルギーを与えてくれたはず。
これをきっかけに、といったら失礼かもしれないが、石井輝男の全仕事を再評価していくために、傑作「恐怖奇形人間」がDVD化され、ひろく一般の人に観られるようになってほしいものだ。

石井監督からうけた刺激は計り知れません。ご冥福をお祈りいたします。

関連記事

「アサヒドットコム」
http://www.asahi.com/obituaries/update/0812/001.html?ref=rss

「東京シネマのぞき見隊」
http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/report/report1281.html
posted by ワイ氏 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 石井輝男石井 輝男(いしい てるお、1924年1月1日 - 2005年8月12日)は、日本の映画監督。70年代はエログロ作品とアクション作品を量産し、90年代はつげ義春、江戸川乱歩の世界へ傾倒した。東..
Weblog: お待たせ!<br>映画ファン「映画監督・評論家編」
Tracked: 2007-10-16 15:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。